検索

歯周病と認知症

2020年4月11日の日本経済新聞に記事から(ライター 仲尾匡代)。歯周病や歯肉で生じた炎症物質が血管を介して全身をめぐり、その過程で認知症にも関係していることが報告されている。歯周病の関与が指摘されているのはアルツハイマー型認知症で、19年にはアルツハイマー型認知症患者の脳内に歯周病原因菌の一種「ポルフィロモナス・ジンジバリス菌」が確認されている。認知症予防につながる食材には魚介類・豆類・などしっかりと噛まないと栄養が吸収できないものが多いが、歯周病になるとこれらが食べにくくなる。歯周病対策は丁寧なブラッシング。歯ブラシは握りしめずにペンを持つように。磨き始めは歯ブラシに何もつけずに磨き、歯磨き用物質はそのあとに使う。丁寧な歯磨きを習慣づけることが認知症の予防になる。私も今日から丁寧な歯磨き習慣を心がけます、


8回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示