検索

早く歩く人は長寿。

 JAMA誌2011年1月5日号で発表した米国ピッツバーグ大学老年医学部門のStephanie Studenski氏らの高齢者約3万5,000人について行った研究によれば、歩行速度が速い人ほど生存率が高く、遅ければ生存率が低いことが示されています。

 65歳の男性を例にとると、秒速1.6m (時速5.76km) で歩行する人の平均寿命は95歳以上、秒速0.8m (時速2.88km) の人は約80歳なのに対して秒速0.2m (時速0.72km) の人の平均寿命は約74歳。この傾向は男女ともに共通しており、歩行速度と平均寿命は比例しているという結果なのだそうです。

 たまたま、昨日自宅からオフィスまでの約2kmを往復とも歩いたので、私の歩行速度を測定することができました。4.2kmを50分かかったので時速5.04km。

 私はまもなく68歳なので、だいたい私の寿命は95歳くらいでしょうか。


7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示